新型コロナウイルス対策を音声で啓発する音声報知器

産業用製品2020.04.06
新型コロナウイルス対策を音声で啓発する音声報知器

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、日本人の感染症予防対策の意識が高まっています。コロナだけでなくインフルエンザなどのウイルス対策は、今後の課題です。そこでウイルス対策への啓発アイテムとなる音声報知器 ニコUFO myubo(ミューボ)をご紹介します。

アンプ基板・スピーカー内蔵の表示灯で、人感センサーを搭載し、5m以内に人が近づくとLEDランプが点滅、もしくは回転。同時にメッセージが流れます。

もともとは道路工事や鉄道保線関係などの工業用製品として、2月に発売を開始しました。そのタイミングで新型コロナウイルスが蔓延したため、「ご来店ありがとうございます。当店ではコロナウイルス対策を行っております」「手洗いとアルコール消毒にご協力お願いいたします」「感染防止のため、マスク着用と手洗いを実行しましょう」など4種類のメッセージを録音登録し、発売を始めました。

新型コロナウイルス対策を音声で啓発する音声報知器

アルコール消毒液近くでの設置例。音と光でアピールするため、気付かずに通り過ぎることもありません。

オプションでオリジナルのメッセージを登録することもできます。コンセントタイプと電池タイプ(単3電池3本)があり、コンパクトなサイズながら最大92dB(電池式は85dB)の音圧レベルになります。

そのほか、内部スイッチで回転と点滅の切り替えやメッセージの選択、音声のボリューム調整といった細かい調節機能も搭載。設置は、店舗の入り口やトイレ、アルコール消毒液を置いている付近の壁に、底面のマグネット、もしくは付属のフックで取り付けることができます。

新型コロナウイルス対策を音声で啓発する音声報知器

底蓋を回すことで、簡単に電池交換が可能。ここで、メッセージの切り替えやボリュームの調節ができます。

屋外で使う想定で開発したため、スピーカーも含め、高い防水性(保護特性はIP54)を保持。

予防を促すことで、感染のリスクを低減させることができ、さらに感染予防に積極的に取り組んでいることの周知にもつながります。

ウイルス対策に力を入れていたり、消毒液を各所に置いていたりしても、気付かれなければ意味がありません。感染対策への意識が高まっている中、“目に見える”形で示すことも、対策の一環になります。


【製品情報リンク】産業用製品|音声報知器 ニコUFO myubo

 当社へのお問い合わせ

ご質問、資料請求などインターネットまたはお電話にて対応しております。お気軽にお問い合わせください。

Database Factory